阿部@佐倉です。

In article <42D11F15.72088645@excite.co.jp>,
 kenken <kirahoshi1@excite.co.jp> wrote:

> > > 私は勝手に阿部さんんのこと親友だと思ってますから。
> > > これからもよろしくです。
> > 
> > うれしいな。消耗していると、まじで涙が出そうな
> > くらいこういうセリフが沁みます。
> 
> 阿部さんは、今までよほど恵まれた環境で育ってきたんでしょうね。

そうかな。Netnewsの投稿で親友だと思っていると言われて
喜んでいるなんて、よっぽど友達が少ないのではないかと
思われる、と思っていました。

> 参照Message-ID: <050513010142.M01173752@ims.kit.ac.jp>
> 
> 因みにこの記事で私がグッときたポイントは、ここρ(..)
> 
> > 
> > > ……憲法を持ち出すことの問題点・危険も既に複数書いています。
> > 
> > その通りですね. 人権を主張するのに憲法を持ち出すのは
> > 実は話が逆だ. 憲法に書かれている(部分がある)から人権
> > が大事なのではなくて, 人権が大事なものであるから, 憲
> > 法においても然るべき規定が設けられているのですから.
> 
> ↑に「実は」という言葉を入れてある点。
> 
> これは、fjにpostする記事だからそうなのか、もう少し一般化して日本
> から発信する主張だからそうなのか(つまりお国柄めいたものを世界に
> 向けて...)
> 
> というpointは、あまり自分にとっても他人事ではないのでちょっと気に
> なる。

元の議論からに則して考えると、塚本さんがいう
ところの人権というのは所詮ある種の思想に過ぎ
ないけど、憲法というのは法として制定されている
ものじゃないか。ある種の思想と制定されている
法のどちらを重く見るか、というところなのかな。

ある種の思想は、他人に押し付けることはできない
けど、憲法に取り入れるくらいだから、それって大事
だよねとか、憲法に取り入れられている部分だけでは
ある種の思想が必ずしも実現しないよねとか、そんな
話につなげたかったけど、fj.soc.lawはそういう場では
なかったようです。

> > もっといろんな人と、熱く語りあいたかったな。
> 
> 汗くさー (;¬_¬)  ←湿っぽい目

え〜。ホットに、汗臭く行きましょうよ。(^^;

-- 
阿部圭介(ABE Keisuke)
koabe@mars.sakura.ne.jp
関心 ・専門分野 :
 新聞学(ジャーナリズム、メディア、コミュニケーション)