1カバ地下の愛NG、後藤です

内容からするとCS放映の設定をそのまま踏襲って感じですね。異なるの
は、フォルテと蘭花の衣装がテレと仕様になったということでしょう。
しかしひどいものですね。ヘソ出しや胸の谷間、実写はよくてアニメはダ
メかい。一貫性のない倫理規定、しかも未だアニメは子供だけのものとい
う固定観念はお役所的。
本作は浅香監督の弁によると「全編ボケ倒し」とのことですが、何せスト
ーリーが無いようなものだから、この場では感想というより、スタッフの
お遊びに付き合うのが正しいスタンスではないかと思います。これぞ、ワ
ンポイントリリーフ。
ということで、「G.A.」が判らない方には置いてきぼりの記事になり
ます、悪しからず。
#私だってつい最近まで判らなかったんだから

☆行数稼ぎメニュー レシピ1「イチゴタルト桜風味」

ミルフィ「あたしたち、ついに地上波デビューなんですね。感動ですぅ〜」
蘭花  「何言ってるのよ。知らなかったの?あたしたち、『ぴたテン』
     放映までの場つなぎなのよ」
ミルフィ「えーーっ、そうなんですかぁ?でも、それじゃあ助っ人ってこ
     とですよね、あたしたち」
蘭花  「どうしてそういうお気楽極楽な発想ができるのよ、あんたは!?」
フォルテ「むしろ『敗戦処理』だろ」
ミント 「まあまあ、今は『セットアッパー』という言葉もあることです
     し」
ヴァニラ「『仇花』とも言います……」
蘭花  「…………」
フォルテ「だいたい、何だい、この軍服のデザインは!?露出がなくなっ
     てるだろうが」
蘭花  「ほーんと、如何にもお子チャマ向け無難路線って感じですよね」
ミント 「(ぼそっ)お子様向けなら、コスプレを積極的にやってもよろ
     しいということですわね……これは好都合ですわ……」
蘭花  「何か言った、ミント?」
ミント 「……い、いいえ、何のことでしょう?オホホホホホ……」
フォルテ「CSの方がまだ全国区だよな」
蘭花  「しかも、テレビ大阪|テレとネット。おまけに日曜朝の9時半。
     誰が見てくれるっていうのよ!?」
ノーマ 「あーあ、こんな連中と一緒にされたんじゃ、ヴァニラさんが可
     哀相だ」
ヴァニラ「全ては神の思し召しです……」
ノーマ 「なんて健気な……ヴァニラさん、貴女は天使だ、女神だ……
     それに引き換え……………………けっ」

 ぱしゅっぱしゅっぱしゅっぱしゅっぱしゅっぱしゅっ

フォルテ「鼻で笑ってんじゃねえよ……」
ノーマ 「私は標的ではありませんーーーー!!」
蘭花  「で、どうします?何をしましょうかねえ、この2ヶ月」
フォルテ「そこのブサイクなぬいぐるみを使った射撃大会とか」
ノーマ 「だから私は!!」
ミルフィ「あたしはお菓子作りしまーす!」
蘭花  「それは裏番組でしょ」
ミルフィ「終わっちゃいましたよ」
ヴァニラ「……聖典を朗読します」
蘭花  「お子チャマが引いていくって」
中佐  「あの……そういうことでしたらカラオケ大会なんか……私の十
     八番をお茶の間にご披露して……」
蘭花  「中佐は黙ってて」
中佐  「……はい」
ミント 「あの……私に妙案が」
フォルテ「何だい?」
ミント 「そもそも私たち、キャッチフレーズがありましたでしょう?」
蘭花  「『何だかどうにも絶好調!』だっけ」
フォルテ「『どうにもこうにも絶対無敵!』じゃなかったか」
ミント 「いえ、そうじゃなくて、製作スタッフが」
蘭花  「あーあー、『カードキャプターさくらのスタッフが贈る』」
フォルテ「『究極のお気楽極楽美少女アニメ』ってか」
ミント 「それを逆利用させていただくんですわ」
蘭花  「逆利用?」
ミント 「ゲストですわ。お招きするんです」
蘭花  「ああ、そうか。そういうことね」
ミルフィ「何がそういうことなんですか?」
フォルテ「要するに、小さいお友達は諦めて大きいお友達をターゲットに
     しようってわけね」
ミント 「ええ、原点に帰れ、ですわ。
    (これであの髪の長い女の子をお呼びすれば、思う存分コスプレ
     が楽しめますわー)」
蘭花  「まあいっか。
     じゃあ、さっそく連れてくる。ミルフィーユ、あんたも来て手
     伝って」
ミルフィ「あ、待ってくださーい」

……

ミルフィ「はい、どうぞ。召し上がれ。ミルフィーユ桜葉特製イチゴのタ
     ルト桜風味ですよ」
さくら 「あ、あの……ここ、どこ……なんですか?」
フォルテ「こんなお嬢ちゃんに何をやらせようってんだよ」
蘭花  「あれ?違いましたっけ?主人公ですよ。ほらほら、ネックレス
     の鍵が何よりの証拠」
フォルテ「うーん……魔法でも見せてもらおうかね」
さくら 「え?え?え?」
ノーマ 「魔法とはこれまた大胆な。物理法則を信奉する私に対する挑戦
     状ですか?この10,000GHzCPUが黙っちゃいません
     よ」
さくら 「ほえ〜〜っ!ぬいぐるみがしゃべってるよ〜〜!!」
ノーマ 「失礼な。あなたのお付きだって、外見はぬいぐるみ同然でしょ
     うが」
ミント (困りましたわ……今更、お目当ては相棒の女の子の方でした、
     とは言いにくいですわ……)
ヴァニラ「民間人を軍に介入させるのは軍規違反です……」
蘭花  「何かこの企画、ダメダメね。こんなんで2ヶ月もつの?」

【あー、これ、だめだめだな。次回でやめよう】

☆第1話「天使のチャレンジゼリートライアル」
サブタイトルと内容が全然一致していないのが本作品の特徴ですね。

☆宇宙ラーメン屋
ラーメン屋のおやじのスタイルは未来も変わらない。

☆ラーメンの空間転移
未来のラーメン屋は、こうでなくっちゃ。

☆ミントのピクピクお耳
これ、個人的にはまってます。

☆透明になっちゃう胡椒
ロストテクノロジーの一切の解説無しなので、お子チャマ置いてきぼり路
線は前作を踏襲しているようです。

☆ミルフィーユの落書き
ニコニコ顔。

☆「銀行を襲っても、まずつかまりませんわね」
腹黒ミントの一端が垣間見えます。

☆使い回し悪役(パトリック、ジョナサン、ガスト)
銀行強盗なのだろう。

☆鎧
ミントのつぼにはまりました。

☆宙に浮かぶノーマッド
ヴァニラが抱えているわけですね。

☆本物の幽霊
ポルターガイストはちゃんといる、というオチ。

☆にっこり微笑む肖像画
これも、スタッフのお遊びですね。

☆記者会見
胡椒の効果が切れて、華麗にその場に現れました。

☆蘭花の髪飾り
ハートマークが出ています。

☆「それではみなさん、よろしくお願いしまーす」
一応、視聴者への挨拶も兼ねているわけね。

☆「後半いってみよう」
今後このようにノーマッドが言いつづけるのでしょうか。

☆ドクトル・ミルフィの知識の泉
アイキャッチ代わりのようです。
「ワンちゃんが大好きなドッグフード、実は人間が味見をしてるんです。
 それではいただきまーす!」
「後半いってみよう」

☆第2話「筋肉隆々担担麺」
マッスルはあったけど、担担麺はもちろん出てこない。

☆パンダ−マスク
明らかにタイガーマスクのパロディ。でも、格闘シーンはへたれで手抜き。
この辺がブロッコリー的。桜井弘明さんは一切タッチしてません。

☆ポップコーンを食するヴァニラ
一応とうもろこしだから、ベジタリアンには反していない。
一粒一粒食べてますが、次から次へと口の中に放り込んでいます。
「ポップコーン、おいしいですか……?」
「新月で7のつく日はポップコーンを食べなければなりません……」
ヴァニラが宗教家であるという解説も一切無し。やっぱりお子チャマ置い
てきぼりですね。

☆キリンマン
スタイルはミスター・ノーって感じ。
確かいましたよね、タイガーマスクにこういう名の覆面レスラーが。
犬のマスクで、鎖持ってるのは……何だっけ?

☆使い回し悪役(パトリック、ガスト)
ただの観客で、レスラーに振り回されています。

☆禁句
言ってはいけないことを言ってます。
「しかし、何とも意味不明なショーです。だいたいロープに投げられた人
 間がその反動で戻ってくるなど、力学的にあり得な……」むぎゅっ
「なーんだってーー!?」
「わ、わたしは何故コーナーポストに登ると対戦相手が着地点まで来るか
 と……」
「あーんた今、何を敵に回したかわかってんだろうねー!?」

☆物の投げ入れ
ノーマッドはリング内に投げられ、踏み付けられました。
10,000GHzCPUが踏み潰されそうな気がしますが、大丈夫でし
ょうか?

☆異種格闘技対戦相手募集
商品は高級リゾート惑星まるごと一個。

☆「あの耳はかなりの格闘経験者だ。できるぞ」
耳が画面からはみ出て見えていないんですけど。
「どちらかというと、耳が一番整っているという気が……」
顔のことね。

☆「神のご加護を……」
ここで、さりげなく信仰者の設定が出てますね。

☆ミルフィとフォルテのアドバイス
ちっとも聞き取れません。

☆ゴミ扱いのノーマッド
ヴァニラはポップコーンの注文。

☆グレート・マッスル
首だけ挿げ替えたような奴。気持ち悪い。いい男なので、蘭花はメロメロ。
婦女子を足蹴にしてやんの。
あーん、CVが009だ……

☆幼少時のグレート・マッスル
いじめられっ子で、苛められているところを蘭花に助けられた過去があり
ました。
ちび蘭花が可愛い。

☆「弱虫にはこれで充分でしょ?」
救いの足……を差し伸べるちび蘭花。

☆手作り激辛弁当
幼い頃から激辛少女だったようで。

☆「しっかりしろー!次の休暇もマンガ喫茶めぐりになっていいのかー!?」
マンガ喫茶、あるのか。

☆ラブラブ蘭花
叩きのめされても再戦。しかし本人は勝負どころではないくらいメロメロ。

☆「腰抜けにはこれで充分だろう……」
あの時のまねっこ。

☆「もー、いじわる〜。でもそこがまたステキ〜」
へび蘭花。いつの間にか首締めが入ってノックアウト。

☆思い出の弁当
「気づいていてくれたのか……」
それはないと思う。

☆次回
第3話「前略 ため息のバロティーヌ」
第4話「びっくり点心」

「素敵な着心地……なかなかの出来ですわ」
「はーー、可愛くないですぅ、蘭花さんひどいですぅ」
「とはいえ、このままってわけにもいきませんわね」
「えーっ、あたし預けられちゃうんですかあ?」
「仕方ありませんわね」
「あーん、もう、こんなことまでしたっていうのにー!」
「ち、ちょっと、お待ちになってー!」
「これじゃお嫁にいけませーん!」
「こ、こらー!戻っておいでなさーい!」

ばーん

「あたし、バーンってやっちゃっていいですかー?」

情報誌にあった「太古と伝承と原始と幻と村長とお土産と祭りと窓と湖と
銃口とお星様とマイクと笑顔とカミングスーンとグラビア写真集とホテル
と失踪と森とため息のバロティーヌ」って、何でしょう?

☆エンジェル占い
ミルフィーユ
「まさに絶好調の一週間!生き別れのお兄さんがあなたに会いに来そう!」
ラッキーアイテム:カリスママジシャン

☆アニマックス放映時からのファンの皆様へ
ということで、すみません、2時間で書けるのはこの程度です。
こういうオチャラケが「G.A.」の魅力なんですよね?キャラ的にはは
まってますので。

--
s.goto
goto.shinichiro@tx.thn.ne.jp

#まほろさん「えっちなのはいけないと思います」五段階活用
#「えっちな本|ゲーム|お宿|街|食材はいけないと思います!」